トップ

葉酸で妊活力アップ

着床障害を防いで妊娠する

着床しないと妊娠できない

妊活を続けていても、一向に妊娠する気配がないと焦ってくるかと思います。30歳を過ぎている場合には、年齢的なこともあり、少しでも早く妊娠したいと考えている人が多いでしょう。妊活を長く続けていてもなかなか妊娠しない場合には着床障害の可能性が考えられます。

妊活の情報ならこちら。

夜の営みにより卵子と精子が出会うと受精します。しかし、受精しただけの段階では、まだ妊娠はしていません。
受精した卵子は受精卵となり、細胞分裂を繰り返しながら成長して行きます。それと同時に卵管を通って少しずつ子宮内膜まで移動して行くのです。子宮内膜まで到達した頃には、受精卵は杯に成長しています。その杯が無事に子宮内膜に張り付くことを着床と言い、この段階で妊娠したという状態になるのです。着床後は杯がさらに成長し、胎児の身体を作って行きます。

しかし、受精はするものの、着床が上手く行かないというケースが不妊に症状でよく見られるのです。そういった状態のことを着床障害と言います。その原因はさまざまで、妊活を長期間続けている女性でも、はっきりと原因が判明していないことが少なくありません。子宮内膜が十分に成長する前の段階で、杯が到達してしまったというケースもあれば、逆に杯が到達するのが遅いというケースも見られます。

そして、着床障害の直接の原因は異なっていても、ホルモンバランスの乱れが遠因になっていることがよくあります。女性ホルモンが十分に分泌されていなかったり、エストニアとプロゲステロンのバランスが悪いというケースが多いです。ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活と十分な栄養を摂ることが必須でしょう。暴飲暴食を避け十分に睡眠を取って適度に運動をしていれば、着床障害を防いで妊娠に至ることもあります。

Copyright © 着床障害を防いで妊娠する. All rights reserved.